【2001年宇宙の旅】ハチャトゥリアン「アダージョ」【孤独と未来】

f:id:yomkik:20210131145644j:plain

 

今回は、映画で使われた音楽から一曲紹介しようと思います。

音楽は他のジャンルと結びつくことで、思いもかけない効果をみせることがあったりします。ダンスに、小説に、映像に組み合わされるなど、それぞれのジャンルで独特の役割を発揮している。手塚治虫クラシック音楽をアニメーションで表現することに、かなりこだわっていた。

でも、異なるメディアを結びつけるのは、難しい。映画のためにオリジナルで作曲されたのなら、ストーリーに沿った音楽を形作ればいいわけです。でも、もともと音楽だけで完結していたものを、あとから映像という別の要素と組み合わせるため、難易度が高くなるはずです。

どのように演出に工夫するかは、監督次第。 

今から遡ること半世紀前に公開された映画『2001年宇宙の旅(原題 2001: A Space Odyssey)』は、クラシック音楽が好きな人にはおすすめです。リヒャルト・シュトラウスの《ツァラトゥストラはこう語った》の冒頭のファンファーレを、世界的に認知度を高めたのは、この映画のインパクトが強かった。ヨハン・シュトラウス2世の《青く美しきドナウ》をSF映画無重力航行の背景として使用したのも衝撃。さらにはジョルジュ・リゲティの現代音楽を採用したことは、単なる映画音楽を越えた映画全体の性格づけにもなっていて、異様な世界に引き込んでしまいます。

 

 

 

1. 長い旅路への音楽

そんな映画『2001年宇宙の旅』の中盤あたりに、木星に向けて孤独な旅を続ける船員を描くシーンがあります。

ほかの船員が冬眠で仮死状態のあいだ、少人数で目を覚まして宇宙航海を続けている。シャドーボクシングしながら船内をジョギングする場面は、ハードロックが流れそうなシーン。でも、鬼才の監督スタンリー・キューブリックは、静かな舞踏曲をその場面でで使用します。

その音楽は、ソ連の作曲家アラム・ハチャトゥリアン組曲《ガイーヌ》の静かな一曲「アダージョ」です。


Gayane Ballet Suite (Adagio) (2001: A Space Odyssey Soundtrack)

 

この「アダージョ」は、虚空を漂うクルーの孤独を端的に代弁しています。非常に冷たい音楽で、ハチャトゥリアンらしい息の長い旋律です。悲哀と希望が混ざり合ったような、絶望とは違った雰囲気をもっています。

宇宙船の奇妙な形が精子のメタファーで、新しい世界へ受精するという、不思議な解釈もあるSF映画。この旅路の孤独感は不安の真っ只中ではあるけれど、未踏の最果てへの旅路につく者への弔いの想いが、ふと頭をよぎる。新たな希望へとつながっていく、そう思いたい気がします。

そうだね。

 

2. 冷戦時代の意外な選曲

映画では、ロジェストヴェンスキー指揮レニングラード・フィルの演奏の録音を使用しているようです。Discogsの情報に載っていました。

 

www.discogs.com

ロジェストヴェンスキーは傍若無人な荒い指揮が目立つ指揮者ですが、プロコフィエフの《ロメオとジュリエット》で聴くようにスローテンポの箇所でカリスマ的な味を出す才能を持っています。

なお、映画公開時の1968年、まだ冷戦時の世界の中で、この選曲は結構勇気の必要なものだったはずです。

原曲《ガイーヌ》はバレエ音楽ソ連プロパガンダ的な要素が色濃いストーリーを持っていました。もちろん宇宙とは一切関係のない音楽です。

Wikipedia「ガイーヌ」解説ページ

政治的な音楽だけに、映画音楽という「きっかけ」がなければ「アダージョ」が注目を浴びることはなかったと思います。

 

www.youtube.com

クラシック音楽の効果が尋常を越えてる。

「2001年」というのは「未来への入口」のメタファーだったんだなと思った。

2001年からもう20年が経ったもんね。

大切な人の死を知って、この予告編を観ると、あながちSFじゃないという気がする。これで終わりであって欲しくないなあって。

 

2001年宇宙の旅 (字幕版)

2001年宇宙の旅 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video