クラシック好きの休日

隔日更新。特にクラシック音楽と本について。

なんだろう、この心のうたは?「時計台から」

TANAKA OF THE YEAR! (feat.YeYe)の新譜がまた出ましたね。

タイトルは「時計台から」。

東日本大震災直後、9年も温めてきた曲だということです。

それがようやく音源化して、耳に届くことの不思議さ。

歌詞には音楽・言葉に対する「何もない」と言い切る不安から抜け出す自由さが満ちている。

時計のリズムがあることで、知らず知らず整ってくる感情。昇華していく心。

なんだろう、このやさしさは。

田中成道さんらしい。まさに。

青春ですね。まさに。

 

全体に田中さんのファルセット重ねてる?その割には息合いすぎてるような。

いや、二年前のコンサートでの印象は、「声のアンサンブルが完璧すぎ」でした。あり得なくもない。あくまで推測ですが。

エフェクトや構成も凝っていて、プチプログレ感も。

 

時計台から (feat. YeYe)

時計台から (feat. YeYe)

  • 発売日: 2020/08/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
関連過去記事はこちら

yomkik2020.hatenablog.jp