クラシック音楽手帖

聴くことが楽しくなるための1ページ

クラシック音楽克服マニュアル

クラシック音楽をどうして「重い」と思うのか、どうすればヤギのように軽々と苦手意識の垣根を越えられるのか、考えてみました。

だめな空気を変えたいときに聴きたい|ライヒ《トリプル・クァルテット》

どんよりした雰囲気を爽やかな気分に変えたいときによく聴く、スティーブ・ライヒの音楽の話をしようと思います。

【こういう本が欲しかった】中川右介『現代の名演奏家50』|意外と知らない演奏家の素顔

クラシック音楽の知的欲望をかき立てられるような、中川右介さんの本でした。

【心を整理整頓】車で聴くのはいつもバッハ《イギリス組曲》

みなさんには運転中の音楽に、こだわりはありますか?

笑うラフマニノフ

厳しい表情の多いラフマニノフが、実は冗談好きで笑い転げていた人だったなんて、みなさん信じられますか?

動画で見えてくるスティーブ・ライヒの実像

スティーブ・ライヒの現実の姿を垣間見ることも、音楽を知る楽しみを加味してくれる要素になるかもしれません。

クラシック沼の怖さを教えてあげよう

世の中にはいろんな沼が散財、いえ散在しております。プログレ沼、着物沼、ビンテージ沼。そして身近な沼はクラシック沼・・・

グリモー15歳のラフマニノフ、さよなら先入観

フランスのピアニスト、エレーヌ・グリモーの初期のアルバムには、正直驚いてしまいました。知らないラフマニノフの表情がそこにありました。

小澤征爾のフォーレは静かに回想的に流れる

小澤征爾の指揮するフォーレ管弦楽曲集を購入したので、少し感想を書いてみます。この盤に今ごろ気づくなんて、時代から遅れていると猛省しております。