クラシック好きの休日

隔日更新。特にクラシック音楽と本について。

純文学的な回想録~北杜夫『母の影』

「神河内」から始まる戦時中の回想は、描写が非常にきめ細かい。何十年も昔のことをこんなにも生き生きと表現する北杜夫の記憶力は、驚くほかない。

ゲルギエフのブルックナーに全然気づいていなかった

ワレリー・ゲルギエフがミュンヘン・フィルを振って、ブルックナー・チクルスをしているようだ。

他人の想い出のインストール~斎藤由香『猛女とよばれた淑女』

伝記というジャンルは、ある人物の偉業を書き残す。楽しく読んだ斎藤由香『猛女とよばれた淑女:祖母・齋藤輝子の生き方』は、伝記の概念からは外れるかもしれない。

「ベートーヴェンイヤー」という魔物

2020年、クラシックの世の中では「ベートーヴェンイヤー」らしいです。生誕250周年の。

ディストピアは14歳で終わるのか?~三島由紀夫『午後の曳航』

三島由紀夫の小説『午後の曳航(えいこう)』をしばらく前に読んで、眠らせていた。読んだ後、なんだかよくわからない霧のような無理解が生じてしまったから。

オイストラフの呪術~プロコフィエフ『ヴァイオリン・ソナタ第1番』

プロコフィエフの魅力に憑りつかれて30年以上の私は、ステレオ録音でもさまざま同曲の録音を聞き比べてきましたが、最終的にはオイストラフに戻ってしまいます。

私のCDと本の買い方

工夫次第ではCDも本も店舗以上に、相当お得に買うことができます。参考まで、私のCDの買い方です。

人生疲れてませんか?そんな時、ブルックナー『交響曲第9番』

人生疲れてませんか?そういう時、ブルックナーでしょう。

一度創られたものは変わらない、という残酷さ

もし、これからの世の中がもっと便利になり(それは十分考えられる)、既成音楽を自分なりにアレンジしたり新しいフレーズと差し替えることが可能な時代がくるだろう。